明明(ミンミン)ゼミナール

ここ明明(ミンミン)ゼミナールには,明治大学を目指す明大中野校と明大中野八王子校の生徒が日々勉強をしに来ている。
そんな彼ら・彼女たちの日常の様子は……

 ※ 明大中野校・明大中野八王子校に関して聞いてみたいことがある方は,コメント欄もしくはメールで投稿して下さい。

 

登場人物

推薦基準・明大中野中学から高校 その1

ユースケ「以前先輩たちが明治大学の推薦基準について話していましたよね」

塾長「そうだね。明大中野校と明大中野八王子校ではいくつかの相違点があったことを話したね」

ユースケ「中学から高校の基準もありますよね」

塾長「大学への推薦基準同様,明大中野中学と明大中野八王子中学で基準が異なる」

ユースケ「明大中野中学の場合はどうなんですか?」

塾長「クリアしなければならないことは2つ。1つは中学3年での成績が5.5を越えることだ」

リョウタ「5.5ですか。それなら楽ですね」

塾長「10段階評価での5.5だから,ほとんどの生徒は難なく越えるね。もちろん2人とも大丈夫」

ユースケ「学校の平均点が7点台だから楽勝です」

塾長「とは言うものの,これまでにその目標値を超えることで苦労した生徒も居たんだな」

リョウタ「ギリギリで高校行けたとしても,そのあとが大変じゃないんですか?」

塾長「確かにね。でも中には高校生になってから努力して,きっちり明大の推薦を勝ち取った先輩もいた」

上田「その気になれば高校から取り戻せるんですね」

塾長「そう,その通り。上田君,高校の先輩として何かあるかい」

上田「そうですね,中学の内からきちんとやっておくことです。高校生になってから分かることだけれども,中学の授業で高校の内容をやってしまう先生が案外多いです」

ユースケ「そうですよね。社会や理科は中学校の問題集や参考書には書いていないこと,結構あります」

上田「今は辛くても高校に入ってから感謝することもある」

塾長「高校から入学してくる生徒は基礎学力が高いから,その意味でも先取りしてアドバンテージを得ておいた方がいいね」

つづく

学校の授業のこと

タカヒロ「塾長先生,相談があるんですが」

塾長「どうした?何か質問かな」

タカヒロ「質問じゃないんです。学校の授業のことなんです」

塾長「どんなことかな」

タカヒロ「学校で全然聞けない授業があるんです」

塾長「全然聞けない授業?聞いていない授業じゃなくて,聞けない授業なのかい」

タカヒロ「そうなんです」

塾長「どういうことかな。タカヒロ君が授業放棄しているわけじゃないよね」

ななみ「まさか。タカヒロ君がそんなことするわけないですよ,塾長。スギタじゃあるまいし」

塾長「まあ,そうだよな。何があったのかな」

タカヒロ「先生の声が全然聞こえないんです」

塾長「先生の声が小さいのかな」

タカヒロ「それもありますが,みんながうるさいんです」

塾長「うるさい!授業中にみんな騒ぐのか。先生は注意しないのかな」

タカヒロ「全然しません。最初のうちは注意していたんですが,今ではもう諦めています」

塾長「なるほど,授業崩壊しているんだな」

ななみ「私が中学生のときにも似たようなことありました。私立の中学校ってもっと厳しいと思っていましたが,案外ゆるい先生は授業がどんどん騒がしくなっていくんです」

塾長「なるほどね。生徒間でも注意しないんだろうね。元来,先生がしっかりしなくちゃいけないけれどもね」

タカヒロ「なので自分で教科書からきちんとやらないといけないんです。苦手な科目なので辛いです」

塾長「学校の教室はひとたび授業が始まると閉ざされた空間だから厄介だね。でも,そこまでひどい状態なら,担任の先生か学年主任の先生に言った方がいいだろう」

ななみ「塾長,タカヒロ君には無理ですよ。引っ込み思案で優しいんだもの。でもそこが可愛いのよね」

塾長「こらこら,後輩をからかっちゃダメだぞ。でも確かに難しいね。それならば保護者から言って貰うこともひとつの手段だね」

ななみ「モンスターとか思われないですかね」

塾長「いまのタカヒロ君の場合なら,仮に親が言ったとしても過度にはならない。それに授業を受ける権利が生徒にはある。そしてしっかり授業を行うのは学校の義務だ」

ななみ「何だか今日の塾長,かっこいい」

塾長「今日だけか?」

タカヒロ「僕,まずは担任の先生に相談してみます」

塾長「えらい!それでこそ男の子。頑張れよ」

タカヒロ「はい!」

今年の目標

塾長「三学期が始まったな」

はるか「今年もお願いします」

二階堂「よろしくお願いします」

ななみ「塾長,おめでとうございます」

上田「本年もよろしくお願いします」

スギタ「賀正」

上田「何だそりゃ?」

スギタ「年始の挨拶だ」

上田「年賀状のイラストかよ」

塾長「さて,年も明けたことだし,今年の目標を言って貰おうか」

はるか「今年は苦手な数学で80点以上を取ります」

二階堂「新しいことをはじめます」

スギタ「何をはじめるんだ?けん玉なら教えてやるぜ」

二階堂「まさか。それは秘密だ」

塾長「勉強面での目標は?」

二階堂「どの科目も最低1回は定期試験で100点を取ります」

上田「おいおい,レベルが違いすぎる」

ななみ「私は数学検定2級を取ります。あっ,もちろん学校の勉強も頑張りますよ」

塾長「おー!2級か。応援しているからね」

上田「俺は一科目でもいいから二階堂越えだな」

二階堂「受けて立とう」

塾長「スギタは何かあるか?」

スギタ「俺か,聞いて驚くなよ。全科目二階堂越えだ<(`^´)>」

上田「驚きはしない。呆れるだけだ」

スギタ「もし達成できたらどうしてくれる💢」

上田「お前のしもべになってやる」

塾長「おいおい,そのくらいにしておけ。スギタ,現実的な目標も必要だぞ」

スギタ「いーや,男なら一度口にしたことは実行あるのみ」

八木「有言実行ですね。でも,不言実行の方が格好がいいと思います」

スギタ「フゲンジッコウ?何だそりゃ」

塾長「まあ,それぞれの目標に向かって今年も元気よく頑張ろう」

一同「はーい」

明治大学の学部・学科 その10・商学部

塾長「さて,明治大学の学部・学科シリーズもこれが最後だな」

上田「商学部ですね」

はるか「あこがれるわ」

塾長「明大の商学部は法学部と同じく,古い歴史を持っている。私学で初めて商学部が作られたのが明治大学だ。明治の商科として長い歴史を持つ」

はるか「人気もありますよね。私も考えています」

二階堂「大学3年からコースを選べますね。確か7つありました」

スギタ「お前は法学部希望じゃなかったのか?」

二階堂「そうだが,基本的なことは押さえてある。経済学の応用を学べるアプライド・エコノミクスコース,金融や証券のリスク管理を学べるファイナンス&インシュアランスコース,職業会計人すなわち公認会計士や税理士など,経理スペシャリスト目指すアカウンティングコースなど。マーケッティングコースは学生に人気があると聞きました」

スギタ「何ものだ,お前」

塾長「確かに。そこまで説明できる付属校の生徒はそうそう居ないな。それ以外では企業の経営活動を学ぶマネジメントコース,グローバルビジネスの人材育成を目指すグローバル・ビジネスコース,起業家精神に富んだ人材育成を目指すクリエイティブ・ビジネスコースがある」

スギタ「カタカナばっかだな」

塾長「そうだな。それゆえもっときちんと何が学べるかを自分で調べる必要があるね」

はるか「簿記は取っておいた方がいいんですか」

塾長「有った方がいいかもしれないが,まずは高校の成績が大事だ。余裕があればとってもいいけど,それも高校2年までにして欲しい」

上田「3年は学校のことでいっぱいですからね」

二階堂「俺はもう取っている。2級だけどな」

はるか「すごーい。すでに2級も」

上田「法学部志望なのに。必要か」

二階堂「何事も勉強だ。マイナスにはならない」

スギタ「2級がなんだ。俺なんか二段だぜ( ̄^ ̄)」

上田「二段?簿記に段なんかないはずだ」

スギタ「誰が簿記だと言った。けん玉だ。世界一周だってできるぜ」

塾長「おいおい。それはさておきこれで明治大学の学部・学科巡りも世界一周,じゃなくて明大一周できたわけだ。けれどもあくまでもざっと一周だ。くれぐれも自分でもっと調べて,研究することだな」

はるか「もうこの企画はないんですか」

塾長「そうだな。みんなの希望があれば,また新たに試みよう」

上田「そうですね。年も変わるし新たな気持ちで新年が迎えられますね」

塾長「おいおい,締めないでくれよ。みんな,来年も良い年にしよう」

一同「はーい」


明治大学の学部・学科  おわり

明治大学の学部・学科 その9・農学部

塾長「明治大学には私学では珍しく農学部がある」

ななみ「やったー😄。やっと農学部の話になりましたね」

はるか「ななみはリケジョだもんね」

ななみ「そうなの。将来は絶対に食品関係の会社に就職したいわ」

上田「う~ん。理系って結構将来の職業と結びつけて学科を選ぶことが多いな」

はるか「その点では目的意識が高くて羨ましいわ」

塾長「文系でも親の仕事を継ぎたいので会計士や税理士を目指している生徒も居るね」

上田「でも,それって親が会計士や税理士だからという,限定的なケースですよね」

はるか「親が開業医とか建築屋さんとかと似ているわ」

ななみ「もー,そんなことより農学部の話にしましょう」

上田「食品関係に就職する場合,どこの学科がいいのかな?」

ななみ「私は農芸化学科を考えているの。あとは農学科かしら」

はるか「難しそう。農芸化学科って何を勉強するの」

ななみ「食品の安全性を考え,土壌から研究することや食品衛生の研究もあるわ」

はるか「ただ単に美味しいものを追求するわけじゃないのね」

塾長「その他には微生物に関する研究もある。かつて微生物の世話をしていた学生が,年末年始も世話しに行かなければなりません,って言ってたな」

上田「年末年始も大学に行くの。可愛そうに」

塾長「そうでもないんだな。我が子の成長を楽しむように見えたけど」

ななみ「その気持ち,分かるわ。一生懸命世話した分,ちゃんと成長してくれたら嬉しいよね」

上田「農学科との違いは?」

塾長「どちらも食品と環境がベースになってるけど,農学科は社会で活躍すべく人材育成を,農芸化学科は最新技術,すなわちバイオテクノロジーによって問題解決をしていく点かな」

はるか「他にも生命科学科と食料環境政策学科がありますね」

塾長「生命科学科の人気は高く,理系の中でも成績が高い生徒が希望する傾向にあるね。食料環境政策学科は以前は農業経済学科と呼ばれていた。昔の名の通り,農業に関する経済学が中心なので,唯一文系の生徒が推薦可能な理系の学科だね」

はるか「文系でも行けるんですね」

塾長「事実,明大中野校も明大中野八王子校も文系の生徒が推薦されている。文系からの推薦者数の方が理系のそれよりも多い年も珍しくない」

上田「なるほど。一度は考えてみる価値ありですね」

塾長「明大中野八王子校においては,農学部は女子に人気がある」

ななみ「よーし。私,女の戦いで勝ち抜くわ」

スギタ「おー,こわ」

つづく

明治大学の学部・学科 その8・情報コミュニケーション学部

さくら「先輩達がよく『情コミ情コミ』って言ってますが,明治大学にコミュニティーでもあるんですか」

はるか「さくらちゃん,コミュニティーじゃないのよ。正式には情報コミュニケーション学部。学部のひとつなの」

スギタ「情コミ情コミ」

はるか「何よ,スギタ」

スギタ「先輩達がよく言っているんだろう。情コミって」

はるか「だからって意味もなく言わないでよ」

スギタ「おっ,突っコミ」

塾長「茶化しちゃだめじゃないか。かわいい後輩が聞いてるんだから」

さくら「情報コミュニケーション学部か。どんなこと学ぶんですか?」

塾長「情報コミュニケーション学部の基本的なコンセプトは,自ら問題を発見し,問題を分析し,問題を解決していく,となっている」

さくら「う~ん,難しくてよく分かりません」

はるか「さくらちゃんは将来やりたいことはあるの」

さくら「たくさんあります。英語を勉強したいし,ダンスにも興味があります。人と接することも好きなので,アナウンサーなんかもいいかな」

塾長「おやおや,盛りだくさんだな」

はるか「でも,そういう人には情コミが合うかもしれないわよ」

さくら「本当ですか?」

はるか「先輩に聞いた話では,ダンスやゲーム,アニメなどのサブカルチャー的なゼミがあるみたい」

スギタ「それに試験が少ないから楽らしいぜ」

上田「お前らしいな」

塾長「確かに情コミに進んだ卒業生は楽だと言っていたな。けれどもその反面,自分で目的意識が薄いままで過ごすと,何も得ることがないとも言っていた」

はるか「きちんと問題を探して,解決する方法を学ばなければいけないのね」

スギタ「よし,決めた。俺,情報コミニューケーションにした」

二階堂「ダメだな」

スギタ「何でだよ」

二階堂「コミニューケーションじゃなく,コミュニケーションだ。よくある間違いだが,学部名もきちんと言えないなら諦めろ」

塾長「おっと,手厳しいな」

さくら「ふ~ん。ダンスやアニメか。面白そう」

塾長「でもさくらちゃんはまだ中学生だから,もっと見聞を広めてから学部選びをしたらいいね」

さくら「はーい」

つづく

明治大学の学部・学科 その7・政治経済学部

はるか「最近知ったんですが,経済って言葉は省略語だったんですね」

塾長「ほほう,どんな言葉を省略したのかな」

二階堂「経世済民です」

はるか「もー🐮二階堂君のバカッ。私が言いたかったのに」

塾長「経世済民。そうだね,中国の古典に登場する言葉でその意味は…」

はるか「だめだめ,今度こそ私に言わせて。世を経(おさ)め民を済(すく)う,です」

上田「ということは,明大政経学部ってどれだけ省略してるんだよ」

塾長「省略の度合いは置いといて,言葉本来の意味を考えるのは大切なことだね」

はるか「そこでなんです」

スギタ「どこだよ」

はるか「私,経済について考えてみたいなって思い始めました」

塾長「どういった所に興味を持ったのかな」

はるか「まさしく経世済民です。世の中の経済の仕組みを学んで自分が将来どんなふうに社会の一員として役に立つ人間になれるか考えました」

塾長「なるほど。そうなると上田君の言うところの政治経済学部がぴったりだね」

二階堂「政経学部政治学科と経済学科それと地域行政学科から成っています」

塾長「そうだね。はるかちゃんの希望は経済学科ということかな」

はるか「まだそこまで深くは決めてません。興味があるというだけです。政治学科で国際政治に関する勉強もしたいし,地域行政学科で学んで地元に恩返しするのもいいかな,って感じです」

上田「地域行政って,地方公務員になるための学科なんですか?」

塾長「専門学校ではないからそれに特化しているわけではない。けれども,地方公務員や政治家あるいは起業家の人たちが来て授業をしてくれるゼミもある」

はるか「社会で活躍している方のお話しが直接聞けるんですね」

上田「経済学科は数学が必要と聞きましたが」

塾長「
確かに経済学には数学の知識があった方がいいね。以前経済学科に進んだ卒業生が来たときに見せて貰ったレポートは,英文で書かれた文書にさらにグラフや数式が入っていた」

はるか「ええー💦ついていけるかしら」

塾長「大丈夫。君たちは高校でそれなりのレベルの数学を学んでいる。だから一般受験で入学してくる平均的な学生よりは数学力があると思っていいんだよ」

スギタ「よし!決めた。俺経済だ」

上田「その前にお前は成績上げなくっちゃな」

スギタ「塾長,俺を済民して下さい」

塾長「よし,今日から特訓だ」

スギタ「ええっ😅」

二階堂「頑張れよ,スギタ」

つづく